本町自治会員の投稿頁
花の写真集
ぶらり 鷹巣山





平野 正 (遠州屋薬局)
EM t-hirano@gray.plala.or.jp


リンク ぶらり 鷹巣山 (平成13年)




あじさい


7月下旬猛暑の中、去年も行った箱根鷹巣山を、トレーニングのつもりで歩いてきた。

今年の7月も猛暑で、強い日差しを覚悟して行ったが、東海道線の車中で一眠りし、小田原で下車する時は曇りで雨を心配するほど厚い雲の空模様になっていた。
今年も大平台から登ったが山道はジメジメしていて、気持の悪いキノコが一杯である。
去年は無かったのだろうか、それとも気付かなかったのだろうか・・・


どくつるたけ

たまごだけ

浅間山に出るまで蛇にも二回会った。日陰は陰気が強い。ストレス解消に来たのに気重になる。

いくらか涼しいと思ったが坂道で体重を押し上げる運動量は相当なもので、どっと汗が出てきた。毎夜、33度を越す室内で自転車をこいでいる汗などは問題にならない。


湯本からの本道になると薄日が差してき、道脇には山野草が現れはじめた。
「陽の世界」の出現だ。
こうあってこそ写真を撮りながら楽に登れる。

去年見落としたのか初めて見る野草が沢山有る。
ここで寄生植物のナンバンキセルを見つけた。ススキに寄生するという。
ここも一月もするとススキ野原となる。



浅間山では種々の紫陽花がある。山道で山鳥が羽虫取りをしているのか砂浴びをしていたのか腹這いになっていた。野生にしては太り過ぎだが飼われているわけではないだろう。

鷹巣山からは駒ケ岳が雄大に見える。その駒ケ岳の隣が神山でその裏側は山肌がえぐれ、噴煙がもくもく上がる大涌谷である。何回か同じ所に行っていると相関関係が解って面白い。
大涌谷は金時山からも明神ケ岳からも何回も見ている。

今年の飛竜の滝は水量豊富で見応えがあった。下の山道に迄水が溢れていた。初めての体験だ。

例年の通り温泉一休に寄ったが湯船がぬるぬるし気持が悪かった。
客を待つにはやる事はやらなくては名を落とす・・・吾がこととして反省。

大量の汗で気の発散も出来、美しい花で魂の充電も出来た。
真夏の鷹巣山トレーニングは年間行事になったようだ・・・








            平成14年7月28日着
水量豊富な飛龍の滝


あじさい


がくあじさい


あじさい街道


アジサイと山鳥


たまあじさい

ばらいちご

つゆくさ

ちだけざし

あきのたむらそう

やまゆりとしもつけ

ぎぼうし

だいこんそう

からすあげは蝶

がくうつぎ

じゃのひげ

かせんそう

いぬごま

きんみずひき

たまあじさい 蕾から開花


こまつなぎ

くさこあかそ

たかねこうぞりな

うばゆり

へくそかずら

はんごんそう


つりがねにんじん

しもつけ

ししうど

おかとらのお



なんばんきせる

やぶかんぞう

にがな
秋の草花Aへ


浅間山に仙元神社
.

水量豊富な飛龍の滝


箱根駒ケ岳と神山


鷹巣山パノラマ で右へ移動してください

お疲れ様でした.

戻る